学生カフェHYGGERで原発について学んできたお話【美浜発電所見学会レポート】

こんにちは!

学生カフェHYGGERです!

さてさて、今年も楽しい楽しい夏がやってきました!

大学生らしくテンションあげていきましょーーー!!

、、、なんて冗談です笑

本日の旅の目的は、、、

関西原子力懇談会さんのご協力のもと、「美浜発電所見学会」として福井県の美浜原発に行くことなんです!

そして、この写真のお二人は美浜発電所見学会に同行くださった方々で現地に着くまでにバスの中でもエネルギーについて色々と教えて頂きました!

現地に着くまでにすでにワクワクが止まりません。笑

こうして、海岸沿いを走って美浜原発へと向かいます!

そして、海を見ながら学生たちがはしゃいでいると、、、

一旦、海で休憩をさせてもらうことになりました!

エモめの写真の写真もパシャリ。笑

みんなでワイワイと海辺で遊ぶワンシーン。この後、一人の女の子はテンションが上りすぎて海に浸かって足がびちょびちょになってしまったのはご愛嬌、、、笑

こうして冒頭に戻ります。笑

(後ろにはなんと実際の原発が!!)

そして海で元気にはしゃいだ後はなんと!!

超豪華な海の幸のランチが待っていました!お造り、天ぷら、煮物、お吸い物、小皿物、、、海の幸がたっぷり詰まったランチを頂きました!おかずの量が多すぎて、ご飯が追いつかないくらいでした!

この写真の修学旅行感が大好きです。笑

さて、お昼も食べ終わり待ちに待った本番の美浜原発内の案内が始まりました!

まずは、エネルギーや原発についての講義を受講することが出来ます。

このあと、実際に原発内を見て回る事を聞いていましたが、事前に知識を入れておく事でどんどんと頭に入ってくるので、本当にタメになりました!

内容としては、原発の仕組みから建物の構造まで教えて頂き、確かに少し難しかったですが、大学生のうちにこれだけの知識を学ぶことが出来たのは僕たちだけではないでしょうか!

 

そして、その後は館内の資料や原子炉容器の模型などを見て回ることが出来ます!

そして、この後は、待ちに待った原子力発電所の中に入っていきます!

ただ、実際の発電所の中は厳重な警備がなされているため、実際に中に入ることはもちろんできません。そこで、登場するのが「VR」です!

このVRが本当に凄くて、、、あの映像を文章で上手く表現することは難しいのですが、イメージしてもらうと分かりやすいのが、ドローンで原発内を飛び回れるような感覚です!(適切な表現かは分かりません。笑)

実際に見て感じたことは、僕たちは知らないものをただ怖いものだ、危険なものだと遠ざけて生きてしまっているんじゃないかなぁという事です。

知らないまま遠ざけるのが楽だからかもしれません。

ただ、こういった機会に実際に見て学んだ事により僕たちは選択が出来るようになったと思います。今回得た情報を鵜呑みにするのではなく、しっかりと自分たちで咀嚼して、今後に活かしたいと思う筆者です。

そして、原子力発電所を実際に見た後は、チームに別れて今日の感想をおやつを食べながら話あいました!

みんな

「最初は危ないというイメージしかなかったけど、イメージが変わりました!」

「安全なのは理解できた、ここからもっと知識を深めて色々な角度から物事を見ることが出来るようになりたい」など、様々な意見を語ってくれました!

そして、最後までみっちりと原発について学ぶことが出来るのがこのツアーの魅力的なところ!

学生の代表の一人が原発についてのクイズ大会を主催!!

ツアーの最中に学んだことから問題は出題されます、、、

さぁ、学生の皆は一日の学びを活かすことが出来るのか、、、!?

さて、ツアーに参加した学生の気持ちを味わって頂く為に読者の皆様にも当日出題された問題の一部をご紹介しますので、一緒に考えてみて下さい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1 日本のエネルギー自給率は何%??

Q2 エネルギー源をバランスよく使う考え方は何という??

Q3 「Q2」を考える際に大切な視点、「◯+◯◯の観点」何が当てはまる??  

Q4 原発の運転期間は原則何年で、申請すれば何年延長出来る??

いやぁ、難問ですね、、、

ただ、上記問は参加者の回答率は8割以上!

皆さんは答えが分かりましたか??

答えは下へスクロール、、、

【答え】

Q1 日本のエネルギー自給率は約9%  

Q2 エネルギー源をバランスよく使う考え方をエネルギーミックスという  

Q3 「Q2」を考える際に大切な視点は「S+3Eの観点

*安定供給(Energy security)経済性(Economy efficiency)

環境(Environment) 安全(Safety)

Q4 原発の運転期間は原則40年で、申請すれば20年延長出来る

こうして、みっちりと一日をかけて普段は関わる事が少ない原発について学ぶことができました。

今回のツアーで学んだ情報は皆一緒ですが、どう感じたかは人それぞれだと思います。

ただ、「知る」ということが何よりも大切なことだと思います。

本当にありがとうございました!!

最後は皆マスクマンでお別れです!!笑(VRをつけるときに着用するマスクです笑)