インターン採用ってある?評価されやすくなるポイント3選!

投稿日:

志望企業の仕事内容を体験する場として、就活生に人気のインターン。

そんなインターンに参加し、優秀な成績を残すことで、直接内定を貰えるといった噂を聞いたことがある就活生も多いでしょう。

実際に、インターン採用を狙ってインターンに参加している学生もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、インターン採用について紹介します。インターン採用について理解を深めれば、インターンで評価されやすくなる方法が分かり、より内定を得やすくなるでしょう。

1:インターン採用ってあるの?

基本的に学生から人気の高い大手経団連企業では、インターンからの直接採用が禁止されています。

なぜなら、インターンシップは、選考目的に行われるものではなく、教育プログラムと考えているからです。

しかし、外資系やベンチャー企業では、インターンで優秀な成績を残した学生を対象に選考が行われる場合もあります。

中には、インターンを使用期間としてとらえている企業もあるほどです。そのため、外資系やベンチャー企業志望の方は、インターン採用があるかもしれないことを念頭に入れておきましょう。

2:インターンが採用に直結している場合3選!

インターンが採用に直結している場合として、以下の3つが挙げられるでしょう。

  • インターン参加者に向けて早期選考が行われる場合
  • インターンに選考が含まれている場合
  • インターンで高評価なことから選考で優遇される場合

これからは、それぞれのケースについて紹介していきます。

2-1:インターン参加者に向けて早期選考が行われる場合

通常枠とは別に、インターン参加者限定で早期選考が行われる場合があります。この場合は、通常より早めにインターン選考が行われるため、早めに内定が貰えやすいです。

また、早期選考はなくても、2回の面接を1回にするなど選考過程が短縮される場もあります。インターンの募集要項に早期選考が行われる場合は、その旨を表記されていることが多いので、インターンの募集要項をじっくり読むようにしましょう。

2-2:インターンに選考が含まれている場合

企業の中には、本選考にインターンが含まれている場合があります。つまり、インターン中に仕事ができなかったり、失敗をしてしまうと不採用になる可能性が高いです。

しかし、インターンに選考が含まれていることで、本当にその企業が自分と会っているのかを見極められます。ですので、肩の力を抜いてインターン選考に挑みましょう。

2-3:インターンで高評価なことから選考で優遇される場合

インターンで高評価だった就活生を対象に選考で優遇する場合もあります。逆に、インターンでミスをしてしまった場合、マイナス評価から選考が始まることも考えられるでしょう。

どちらにせよ、選考で充分なアピールをすることで、評価をプラスにもマイナスにも変えられます。そのため、インターンで人事から褒められたとしても、入念な選考対策を行うようにしましょう。

3:インターンで評価されやすくなる方法3選!

インターン採用を狙うには、インターンで評価される必要があります。ここでは、インターンで評価されやすくなる方法を以下の3つ紹介します。

  • 他の就活生や社員と積極的にコミュニケーションを取る
  • 社員になったつもりで行動をする
  • インターン参加後にお礼メールを送る

これからは、それぞれの方法について紹介します。

3-1:他の就活生や社員と積極的にコミュニケーションを取る

インターンに限らず、就活では、コミュニケーション能力が優れている学生が重宝されます。なぜなら、就職をしたら、どの業種でも周囲とコミュニケーションを取る機会が多いからです。

特に、接客業であったり、営業系の仕事に就きたい場合は、コミュニケーション能力が必須です。周囲とコミュニケーションを取ることで、良い意味で顔と名前を覚えられやすくなります。

社員とコミュニケーションを取りたい場合は、企業の事業のことについて積極的に質問を行うことをおすすめします。

積極的に質問することで同時に意欲もアピールできるので、インターンで高評価を得られやすいです。

3-2:社員になったつもりで行動をする

インターン中は、基本受け身ではなく自発的に動くようにし、社員になったつもりで行動をしましょう。

例えば、頼まれている仕事が終わってしまっても、他の社員が手伝ってほしいと思っている仕事があるかもしれません。

そんな時に、「何か手伝えることはありますか?」と声をかけ、自発的に動くことで、良いイメージを持たれやすいでしょう。

3-3:インターン参加後にお礼メールを送る

インターン参加後には、必ずお礼メールを送りましょう。企業側は、学生のために時間やお金をかけてインターンを開催しています。

例えば、就職して自分が一生懸命考えた事業が成功し、お客さんからお礼の言葉を言われたら嬉しい人が多いでしょう。ですので、インターン終了当日に企業にお礼メールを送ることを推奨します。

以下の記事にインターン参加後のお礼メールの書き方が記載しているので、ぜひ、ご覧ください。

(インターン 選考 辞退の記事を添付する)

4:インターンで評価されたい就活生はHYGGERの利用がおすすめ!

インターンで高評価を得たい就活生におすすめなのが、HYGGER(ヒュガ―)です。

HYGGERは、株式会社Next Keymanが運営している日本最大の学生プラットフォームです。HYGGERを利用することで、実際に多くの社会人と対話できます。

社会人と対話することで、インターンや就活に関する質問もできるので、インターン選考を狙えるかもしれません。ぜひ、HYGGERを活用して、就活を成功させましょう!!新しく、公式LINEを導入し、より気軽にサービス利用・就活相談ができるようになりました!

ぜひ下記よりチェックしてみてくださいね!

友だち追加

まとめ

今回は、インターン採用について紹介しました。

インターン採用を狙う上で大切なのは、社員の気持ちになって行動することです。社員の気持ちになって行動すれば、必然的に良い評価を貰えやすいです。

本記事を読み、インターン採用に備えましょう。