【例文付き!】就活での「こだわり」の見つけ方と面接官への伝え方

アイキャッチ

「あなたの就活のこだわりは何ですか?」就活の面接において、このような質問をされたことがある、学生も多いのではないでしょうか?
あなたは、「就活のこだわり」とは、一体何を意味しているのかを十分に把握しているでしょうか。実はこの質問は、就職の面接の中で必ずしも聞かれる質問の一つです。

そこで、今回の記事では、

  • 「就活のこだわり」の正体
  • 面接官が「就活のこだわり」を聞く目的
  • 「就活のこだわり」の見つけ方
  • 「就活のこだわり」も伝え方

について、ご紹介していきたいと思います。

1:面接でよく聞かれる、「就活のこだわり」って何?

では、まず最初に面接でよく聞かれる、「就活のこだわり」の正体を明らかにしていきましょう。「就活のこだわり」とは、ズバリ、あなた自身の「就活の軸」と「企業選びの基準」のことを示しています。

就活 こだわり面接で、「あなたの就活のこだわりは何ですか?」と質問をされた際は、「自分の就活の軸について、質問をされているんだ!」と認識をしていただいて大丈夫です。

就職活動の軸を詳しく解説!軸を見つけるための4つの方法も紹介

2:面接官が「就活のこだわり」を聞くのはなぜ?

では、次に面接官が学生に対して、「就活のこだわり」を聞く目的を3つご紹介していきます。ただ、面接官の質問に答えるのではなく、「なぜ、面接官がこの質問をしているのか?」と質問の目的を把握した上で、自分の考えを伝えることが大切になります。

就活 こだわり

理由①:学生の志望理由を知るため

まず、面接官は「就活のこだわり」から学生がどんなビジョンや会社の業務内容に魅力を感じて、志望しているのかを知ろうとしています。先述した通り、「就活のこだわり」とは、いわゆる「就活の軸」や「会社選びの軸」になるため、学生が持っている「就活のこだわり」が果たして、会社が求めている学生像と一致しているのかを見極め、採用のミスマッチを防ぎます。

理由②:学生の培った経験や体験を知る

次に、「就活のこだわり」から学生が大学生活の中で培った経験や体験を知ろうとしています。学生が持っている「就活のこだわり」がどのような経験や体験をもとに形作られているのかを同時に知り、学生の話に一貫性があるのかを見極めます。ここで学生の話に一貫性がないと、自己分析が浅いと思われてしまったり、学生が架空のエピソードを話しているのではないかと不安に思われてしまったりする可能性もあります。

理由③:学生の人と成りを知る

最後に、「就活のこだわり」から学生の人と成りを知ろうとしています。「就活のこだわり」から、学生の性格や特性を見極め、会社が求めている人物像に合っているかどうかを見極めます。

3:「就活のこだわり」の見つけ方

ここまで記事を読み進めていく中で、「就活のこだわり」を持っていないと面接突破はもちろんのこと、自分に合った会社選びをすることが難しくなってくることがわかってきたのではないでしょうか。では、次に「就活のこだわり」の見つけ方を3つご紹介していきたいと思います。

就活 こだわり

3-1:自己理解を深める

まず、最初にご紹介する方法は自己分析を通じて、自己理解を深めるという方法です。自分のことをよく理解せずに、自分の「就活のこだわり」を見つけ出すことはまず無理でしょう。自己理解を深めることによって、自分が会社を選ぶ上で大事にしたい考え方や価値観を導き出すことが出来、「就活のこだわり」を見出す上で貴重な材料になるでしょう。

3-2:第三者とお話をする

次に、第三者とお話をすることで「就活のこだわり」を見つける方法をご紹介します。就活生の中には、「自分1人で就活のこだわりを見つけられずに悩んでいる」という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時には、第三者の力を借りることをオススメします。コーチング形式で第三者と自分が大事にしたい考え方や価値観を壁打ちすることで、自分1人ではなかなか気づけないような、「就活のこだわり」を知ることが出来ます。

3-3:自己分析ツールを活用する

最後に、自己分析ツールを活用する方法をご紹介します。無料で活用出来る自己分析ツールとして、適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査があります。①自己理解を深める ②第三者とお話をする を実践してもなかなか「就活のこだわり」を見つけ出せなかった方は、自己分析ツールを活用し、効率的に「就活のこだわり」を知る方法もオススメです。

4:【面接官によく伝わる】「就活のこだわり」の伝え方

では、次に面接官によく伝わる、「就活のこだわり」の伝え方について、ご紹介をしていきたいと思います。いくら「就活のこだわり」を見つけられたとはいっても、実際の面接で面接官に対して、「就活のこだわり」を正しく伝えられなければ机上の空論になってしまいます。このパートを通じて、「就活のこだわり」の伝え方をマスターしましょう。

就活 こだわり

ポイント①:志望動機と一貫性のあるこだわりを伝える

まず、「就活のこだわり」を伝える際に志望動機と一貫性のある「こだわり」を伝えることを意識しておきましょう。あなたがお話する「就活のこだわり」が志望動機を一貫性がないと、面接官から「この学生は別にうちではなくでも、良いのではないだろうか?」という印象を持たれる可能性があります。志望動機と一貫性を持たせることによって、会社が求めている学生像とフィットし、より選考突破に近づくことが出来るでしょう。

ポイント②:理由を具現化する

次に、自分はなぜそのような「就活のこだわり」を持っているのかを具現化させて、お話をすることです。ただ「就活のこだわり」を持つだけではなく、「なぜ、そのような就活のこだわり」を持っているのか、自身の経験や体験と絡ませて具現化することによって、面接官がより、あなたの「就活のこだわり」を理解してくれるでしょう。

ポイント③:自分の思いや考えを伝える

最後に、自分の思いや考えを同時に伝えることです。「就活のこだわり」の背景には自分自身のどんな思いや考えが込められているのかを同時に伝えることによって、より面接官に対して説得のあるお話が出来るようになります。

まとめ

今回の記事では、

  • 「就活のこだわり」の正体
  • 面接官が「就活のこだわり」を聞く目的
  • 「就活のこだわり」の見つけ方
  • 「就活のこだわり」も伝え方

について、ご紹介してみました。いかがだったでしょうか?ぜひ、今日の記事での学びを今後、「就活のこだわり」を見つけたり、伝えたりする際に生かしてみてくださいね!

HYGGERでは、「Make my career」をコンセプトに、学生がビジネスや企業に触れる機会を提供し、「就職」と「起業」の両面で、学生のキャリア全般を全力サポートしています。

  • 就職活動に悩んでいる・・・
  • インターンシップの探し方がわからない・・・

そんなあなたはぜひHYGGERの公式LINEを追加して、就活に役立つサービスを活用しましょう!キャリアアドバイザーに直接チャットで相談することもできますよ!

友だち追加