【就活生必見】インターンに着ていくべき正しい服装を紹介!

始めてインターンに参加する人の中には、どのような服装で行けばいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、インターンに着ていくべき服装を紹介します。

この記事を読むことで、企業ごとのインターンにふさわしい服装が分かりますよ。ぜひ、参考にしてください!

1:インターンに着ていくおすすめの服装は?

インターンに着ていくおすすめの服装として、以下の4種類が挙げられるでしょう。

  • 服装自由や指定なしの場合はスーツ
  • 私服指定の場合はオフィスカジュアル
  • アパレル業界の場合は志望企業の社風に合わせた服装

下記の内容を確認し、それぞれの場合に適した服装を着用しましょう。

1-1:服装自由や指定なしの場合はスーツ

服装自由であったり服装指定がない場合は、スーツで参加しましょう。

インターンに限らず基本的に就活関連の場では、特に指定がなければスーツを着用しなければいけません。また、就活のスーツは、ネイビー・グレー・黒色を用意してください。

もし、奇抜なデザインのスーツでインターンに参加してしまったら、それだけでマイナスな評価を付けられ兼ねません。

職場の環境や季節により、寒暖差がある場合は、それぞれの季節に適したスーツを選びましょう。例えば、夏のインターンでクールビズ指定される場合もあるかもしれません。

クールビズ指定された場合は、リクルートスーツとジャケットを組み合わせて着こなしましょう。男性の場合は、ネクタイも着用するといいですね。

クールビズが推奨されていない場合は、機能性を重視した夏用のスーツを着用すると涼しく快適にインターンに挑めます。

冬の場合は、カーディガンなど羽織れるものを持っていき、寒さ予防を徹底しましょう。

1-2:私服指定の場合はオフィスカジュアル

私服指定の場合は、基本的にオフィスカジュアルがおすすめです。オフィスカジュアルは、清潔感のあるシンプルな服装のことです。

オフィスカジュアルについて明確な基準はありませんが、派手な色の服装や肌の露出が多い服装は悪い印象を持たれやすいので、控えましょう。

1-3:アパレル業界の場合は志望企業の社風に合わせた服装

アパレル業界を志望する就活生は、志望企業の特色を踏まえた服装でインターンに参加しましょう。もちろん、アパレル業界でも服装自由の場合は、スーツで参加するべきです。

ただ、アパレル業界のインターンで私服指定された場合は、就活生の服装のファッションセンスを見たいといった意味合いの場合があります。

そのブランドがナチュラルな服装が多いのか、フォーマルな特色なのか、カジュアルなブランドなのかを自分なりに考えて、コーディネートしていきましょう。

そのブランドが販売している服で参加したら、好印象かもしれません。自分のファッションセンスに自信がない方であれば、先輩社員の服装を真似してみるのもおすすめです。

2:男女別のオフィスカジュアルコディネートを紹介!

先ほど私服指定の場合は、オフィスカジュアルがおすすめと紹介しました。大まかにオフィスカジュアルについて紹介したものの具体的にどのような服装なのか分からない方も多いでしょう。

そこでここでは、男女別のオフィスカジュアルを紹介します。ぜひ、紹介するオフィスカジュアルを参考にインターンに参加する服装を選びましょう。

2-1:男性のオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルとして、気を付けるべき注意点は以下の5つです。

  • 上はジャケットに襟付きのシャツ、下はチノパン
  • ジャケットは黒かネイビー
  • シャツは白
  • 靴は服装に合ったシンプルなデザインのスニーカー
  • TシャツやジーパンはNG

基本的に派手過ぎず、露出が多い服装でなければオフィスカジュアルとして着用できます。ただ、上記の注意点にもあるように、日常生活でよく着用するTシャツやジーパンは着用してはいけません。

サンダルももちろんNGです。上記の注意点を参考にして、インターンに着ていく服装を決めてください。

2-2:女性のオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルを選ぶ際の注意点は、以下の6つです。

  • ジャケットとトップスにパンツかスカートの着用がおすすめ
  • ジャケットは黒やグレーなど落ち着いた色
  • トップスはパステルカラーがおすすめ
  • スカートかパンツは、白、ベージュ、紺色などの落ち着いた色
  • スカートを着用する場合はストッキングが必要
  • 靴はシンプルなデザインのパンプス

オフィスカジュアルでは、全体的に落ち着いた色の私服を選ぶことに重点を置きましょう。

服装に関してだけではなく、靴に関してもオープントウのパンプスであったりと露出の多いものはNGです。ですので、靴のデザインも気を付けてインターンに参加する服装を選びましょう。

【男女別】就活ビジネスカジュアルおすすめコーデ!NG例もご紹介!

3:インターンに着ていく服装に悩んだら、HYGGERに登録しよう!

本記事を読んでいる方の多くはインターンに着ていく服装に悩んでいると思います。そんな方におすすめなのが、HYGGER(ヒュガ―)です。

HYGGERは、株式会社Next Keymanが運営している学生の「就職」と「起業」の両面でサポートしてくれます。HYGGER会員になることで、実際に企業の人事として多くの就活生を見てきた社会人と話す機会もありますよ。

企業の人事に直接インターンに着ていく服装を相談できるので、もう悩む必要はありません。ぜひ、この機会にHYGGERの会員登録を行いましょう。

HYGGERに無料登録

4:まとめ

今回は、インターンに着ていくべき服装について紹介しました。

インターンでは、企業によって服装指定が異なります。インターンに着ていく服装に悩んだら、アパレル業界以外はスーツ着用がいいでしょう。

私服指定のアパレル業界では、先輩社員の真似をしてコーディネートを行うとブランドの特色に合った服装になりやすいのでおすすめです。

ぜひ、本記事を参考にして、インターンに着ていく服装を選びましょう。

就活や企業に関してキャリアアドバイザーに相談したい方がいれば、公式LINEでチャットサポートも実施しています。ぜひ、キャリアアドバイザーと二人三脚で内定や独立、起業を目指しましょう!是非お気軽にご連絡ください!

友だち追加