就活がしんどすぎるあなたへ!しんどく感じる理由と5つの解決策を紹介

記事タイトル画像

「就活がしんどすぎる…もう続けられない」

就活生の中では、こんなことを感じている方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、そのような悩みを持っている方に向けて下記の内容を紹介します。

  • 就活がしんどすぎる理由
  • しんどすぎる際の解決法
  • しんどすぎる際にやってはいけない行動

これを理解すれば就活の苦しみから必ず抜け出せます。ぜひ、参考にしてください。

1:当てはまる?就活がしんどすぎると感じる4つの理由

章イメージ画像

就活がしんどすぎると感じる理由は、人によって異なります。

就活がしんどすぎると感じる理由には、以下の4つがあります。

  • 結果が出ない
  • 就活をやる意味が見出せない
  • 考えすぎて緊張してしまう
  • 就活にはゴールや答えがないから

ここからは、私がよく耳にする就活がしんどすぎる理由4つを紹介します。

理由①結果が出ない

就活では、どんなに優秀な人でも結果が出ないことが多々あります。

なぜなら、面接官や担当者との相性が悪いことがあり選考に落ちてしまうからです。逆にいうと、相性さえよければFランと呼ばれる大学の人でも有名企業に就職できる場合があります。

勘違いしないでほしいのは、企業の面接官や担当者はあなたを否定しているわけではないということです。

よく私が耳にするのは「50社受けて49社連続で落ちた」という話。49社落ちても気にしない人は自分とは合わない会社だったんだなと思い込んでいる人が大半です。

また、第1志望の企業に入れない就活生は7~8割という話もよく耳にします。

ですので、結果が出なくても落ち込むことなく、自分とは合わない企業だったんだなと割り切ってみてください。

理由②就活をやる意味が見出せない

就活を続ける上で「友達が就活始めているからなんとなくやる」という方が多くいます。

そのような就活生が増えている理由は、就活に対しての目標や目的が見出せていないことにあります。

まず、就活に対しての目標や目的を見直してみましょう。

  • 有名企業に入ってお金を沢山稼ぎたい
  • 親孝行したい
  • 人間的にもっと成長したい
  • 社会的地位を得たい
  • 社会の波に乗りたい

就活を続けていくうえで、目標や目的がないことは精神的や体力的に辛く、モチベーション低下に繋がります。

もし上記箇条に一致しない、就職しても得られるものがないと感じるなら就活をやめることも選択肢のひとつです。

理由③:考えすぎて緊張してしまう

就活では、落とされたらどうしよう…と考えすぎて面接官の前で緊張する人がいます。

しんどいと感じる人の多くはネガティブ思考になりがちということ。中には圧迫面接で精神病になってしまう就活生もいます。

しかし「面接官も私たちと同じ人間」と解釈すれば、そこまで緊張することはありません。

本質は意外とシンプルで面接官に「この人となら一緒に働いてもいいかな」と思ってもらえれば内定を獲得できます。

ですので、考えすぎて緊張してしまう方は考え方ひとつ変えてみることをおすすめします。

理由④:就活にはゴールや答えがないから

就活にはゴールがありません。やればやるだけ結果はでます。

しかし、はっきりとしたゴールが無いことが不安やストレスに感じる人がいます。

そのような方はまず目標設定をしてみましょう。

就活での目標設定をすることで、興味のある分野や就きたい仕事が明確になります。明確にすることで、志望企業も決まり選考が通り、内定を獲得できます。

もし目標設定が出来ない人は、少しでも興味があることや趣味を基準に考えてみましょう。

2:乗り越える!就活がしんどすぎるときの5つの解決策

章イメージ画像

ここまで、就活がしんどすぎる理由を紹介してきました。

次に、就活がしんどすぎる際の解決策5つを紹介します。

解決策①気心が知れた友人や家族に相談

就活がしんどすぎる際に友人や家族に悩みを相談することは解決策のひとつとして挙げられます。

しんどい気持ちを他人に理解してもらえると心が楽になります。

多くの人は、弱みや情けない姿を見られたくないと思いがちです。実は、就活生を見渡してみると同じような悩みやしんどい気持ちを抱えている人は多くいます。

また、同じような悩みを持っている就活生と語り合うと自分では気づけなかったことに気づくきっかけにもなったり、モチベーションアップにも繋がります。

相談する上で考えないといけないことは、相談する相手です。就活をしたことがない友人に相談しても的確なアドバイスや解決には繋がりません。なので相談する際は、就活について理解がある友人や家族、就活仲間に相談しましょう。

解決策②就活エージェントを利用する

就活エージェントは就活が上手くいくためのツールです。

就活エージェントの概要は以下の通り。

  • 適切なアドバイスを受けられる
  • 面接練習も可能
  • 自己分析からエントリーシートの書き方まで教えてくれる
  • 学生は無料

就活エージェントは学生が無料なので、多くの就活生が登録しています。就活エージェントでは就活生の悩みやモチベーションを上げる声かけをしてくれます。

また、経験談を元に具体的なアドバイスをしてくれるのも就活エージェントの特徴のひとつです。

就活が上手く行かないと悩んでいる人は利用してみましょう。

解決策③:自己分析や自問自答をしてみる

就活がしんどすぎる際には、改めて自己分析や自問自答することも解決に繋がります。

自己分析や自問自答は自分を振り返る行為として最適で、自分の就きたい仕事ややりたいことを明確にしてくれます。

選考に落ちてしまう理由のひとつとして、自分自身の魅力を面接官に伝えられていないことが挙げられます。

自己分析は、自分の強みや価値観を明確化することができ、企業に自分の魅力を伝えられるというメリットがありおすすめです。

「やりたいことが見つからなくて就活がしんどい」と感じている方は、自己分析や自問自答をしましょう。

解決④:休憩する

就活がしんどすぎる際は、1度休憩しましょう。

しんどいときほど家にひきこもりがちですが、できるだけ外出をするようにしましょう。

また、外出する以外の休息の仕方は以下の通りです。

  • 早寝早起きする
  • 睡眠時間を確保する
  • 栄養のある食事をとる
  • お風呂に浸かる

しんどいと感じる理由にはストレスがかかることに原因があり、休むことですら不安になりストレスに変わることもあります。しかし、1日2日休んでメンタルを整える方が必ず良い方向に進みます。

ですので、勇気を出して休んでみましょう。

解決策⑤:好きなことで気分転換する

好きなことで気分転換するのもしんどすぎる際での解決策のひとつです。

気分転換するとストレスが軽減されます。

注意点は、思いっきり就活を忘れて現実逃避することです。現実逃避は悪いことではありません。

私もストレスを感じた際は、大好きなゲームやアニメを見て就活のことを忘れます。

もし好きなことや趣味がないという方は、少しでも楽しいと感じられるものを見つけておきましょう。

3:絶対ダメ!就活がしんどいときの2つのNG行動

章イメージ画像

就活がしんどすぎると感じている時には、絶対やってはいけない行動が存在します。

NG行動を把握することで、就活が楽しくなり、就活内定率UPに繋がります。

NG行動2点をそれぞれ解説していきます。

3‐1:ひたすら企業を受ける

とりあえず内定がほしいからと企業を受けまくるのはNGです。

なぜなら、企業対策もせず受けまくるだけでは状況が悪化するだけだからです。

また、企業対策を疎かにすることは選考に落ちてしまうことに繋がります。

なので、数打てば当たる精神はやめておきましょう。

ひたすら企業を受けまくるのではなく、自分に合った企業を模索しましょう。

どれだけ時間がかかっても受ける企業は厳選し、企業対策を必ずしてください。

3‐2:動機を持たないまま就職活動する

動機を持たないまま就職活動することは、就職がしんどすぎる際のNG行動です。

就活生の中には「周りが就活しているしなんとなく自分もしとこう」という人が多くいます。

きちんとした動機や目的を持った状態で就活に取り組まなければ、結果も出ずモチベーションが下がる一方です。

また、なんとなく就活していると企業に志望理由が伝わりにくく、結果に結びつきません。

状況を改善させるためにも「なぜ就活をしているのだろう」と1度考えてみることをおすすめします。

4:まとめ

今回は、下記の内容について徹底的に解説しました。

  • 就活がしんどすぎる理由
  • しんどすぎる際の解決策
  • しんどすぎる際にやってはいけない行動

毎年「就活がしんどすぎる」と悩む就活生は数多くおり、中には就活でストレスを溜め自殺をしてしまう方もいます。

ご紹介した解決策を試し、気分転換をしながら楽しく就活を戦い抜きましょう!