インターン選考を辞退して本選考に影響ある?最適な断り方3選!

投稿日:
アイキャッチ

就職活動を始めると忙しくなってさまざまな予定が重なり、インターン選考を辞退しなければいけなくなった方もいるでしょう。しかし、インターン選考を辞退すると後の本選考に影響があるのかが気になって、辞退の連絡を入れていない方もいるかもしれません。

結論から言うと、インターン選考を辞退したことで、本選考に影響はないです。

ただ、インターン選考を辞退する際の対応によっては、本選考に影響がある可能性もあります。

そこで今回は、インターン選考で辞退を伝えるコツを3つ紹介します。

この記事を読むことで、本選考に影響を与えずに辞退しやすくなるでしょう。ぜひ参考にしてください!

1:インターン選考は本選考に影響がある?

基本的には、インターン選考で辞退しても本選考に影響がありません。なぜなら、企業側も選考の辞退を想定しているからです。

ただ、無断でインターン選考に行かなくなってしまった場合は、間違いなく本選考に影響があります。それどころか、自分と同じ大学の後輩の選考にまで悪影響を与えてしまう可能性があるのです。

ですので、インターン選考を無断で欠席せず、辞退する場合は、必ず事前に電話かメールで連絡をするようにしましょう。

また、インターン選考を辞退したいと思った場合、まずは電話で連絡をするようにしてください。メールの場合は、必ず企業側が見る保証がありません。メールを送ったのに見てくれず、企業側に「無断欠席ではないか?」と変に疑われてしまう可能性もあります。そのため、電話して出なかったらメールを送り、1日経過してもメールの返信が来なかったら、再度電話をするようにしましょう。

2:インターン選考で辞退を伝えるコツ3選!

インターン選考で辞退と伝えるコツとして、以下の3つが挙げれるでしょう。

  • 簡潔に辞退したい旨を伝える
  • 連絡する時間に考慮する
  • 謝罪と感謝を伝える

これからは、それぞれのコツについて紹介します。

2-1:簡潔に辞退したい理由を伝える

簡潔にインターン選考を辞退したい理由を伝えましょう。辞退したい理由を長々と語られても、言い訳に聞こえて悪い印象を持たれるかもしれません。

それゆえ、簡潔に家庭の事情や大学の予定など辞退したい理由を一言で伝えましょう。

2-2:連絡する時間に考慮する

インターン選考で辞退を伝える場合に限った話ではありませんが、時間帯を考慮した上で連絡しましょう。

基本的に企業の人事の方は、9時の朝一番にメールの確認をする場合が多いです。メールの返信業務をしているということは、自席で作業をしているので、電話で連絡をすれば出てくれる可能性は高いでしょう。

そのため、電話であってもメールであっても9時ぐらいに連絡をすることをおすすめします。

2-3:謝罪と感謝を伝える

企業側に好印象を持たれるには、謝罪と感謝の気持ちを伝えることが大切です。謝罪と感謝を伝えることで、他の就活生と大きな差を付けれます。

ですので、インターン選考といった貴重な機会を与えてくれたことに対する感謝と途中で辞退してしまったことに対する謝罪を伝えましょう。

3:インターン選考の辞退はいつまでにするべき?

インターン選考の辞退は、辞退が決まった瞬間に連絡をするべきです。企業によっては、他の学生を補欠合格する場合もあります。

早めにインターン選考を辞退することで、他の就活生が選考を受けれます。そのため、インターンの辞退が決まった瞬間に連絡をしましょう。

ただ、体調不良などの原因でインターン当日に辞退の連絡を入れなければいけないこともあるかもしれません。インターン当日に体調不良とはいえ、辞退の連絡をすることに罪悪感を感じる方もいるでしょう。しかし、体調不良で行けない場合も躊躇せずすぐに企業へ電話連絡を入れるようにしてください。

体調不良等やむを得ない事情が原因でも、インターンを無断欠席してしまったら印象が最悪です。また、コロナ禍なので、体調不良の場合は、絶対に無理してインターンに参加しないようにしましょう。体調不良で無理してインターンに参加して他の就活生や社員も、体調不良にさせてしまったらそれこそ迷惑が掛かってしまいます。

このように体調不良でインターン当日に欠席しなければいけない場合でも、行けなくなったと分かったらすぐ企業に連絡することが大切です。

4:インターン選考辞退の例文

先ほどまでインターン選考の辞退方法について紹介しました。しかし、どのように選考辞退を伝えればいいのか分からない方もいるでしょう。

そこでここでは、電話・メールの選考辞退を伝える手段別に例文を紹介します。

4-1:電話

「お忙しいところ失礼します。私は、〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇と申します。〇月〇日の面接の件についてお電話しました。新卒担当の〇〇様にお取次ぎをお願いできますでしょうか?」

(担当者へ繋いでもらった後)

「お忙しいところ失礼します。〇〇大学の〇〇と申します。先日はインターンシップ選考へご案内していただきまして、ありがとうございました。〇月〇日の面接と大学の試験日程が被ってしまったため、参加できなくなってしまいました。せっかくな機会をいただいたのに、このようなお返事になってしまい、大変申し訳ありません。」

(辞退する旨を伝えた後)

この度はお手数をおかけして申し訳ありませんでした。また、ご丁寧な対応をしていただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

4-2:メール

【件名】インターンシップ選考途中辞退のご連絡

【本文】〇〇株式会社 人事部 〇〇様

お世話になっております。

〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇です。

〇月〇日に面接をお願いしておりましたが、この度は家庭の事情により、選考を辞退させていただきたく連絡をいたしました。

貴重なお時間を割いていただいたのにも関わらず、大変申し訳ございません。

また、本来なら直接連絡すべきところ、メールでのご連絡となりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

末筆ながら、御社の益々のご発展とご活躍を祈っております。

大学名と学部

氏名

電話番号

メールアドレス

5:就職活動に不安を感じる方はHYGGERに登録がおすすめ!

インターン選考を辞退してしまって就職活動に不安を感じる方におすすめなのが、HYGGER(ヒュガ―)です。HYGGERは、「Make My Career」をコンセプトに学生がビジネスと企業に触れる機会を提供する日本最大の学生プラットフォームです。

公式LINEの追加で、キャリアアドバイザーへの就活相談や、あなたに合う企業のインターンシップ・説明会の紹介を受けることが可能です。

そのため、就職活動に不安を感じている方は、ぜひ活用してみましょう!

友だち追加

まとめ

今回は、インターン選考で辞退を伝えるコツを3つ紹介しました。

インターン選考で辞退することに不安を感じている方もいるかもしれません。しかし、インターンに参加する時期は、一つに絞らず多くの企業を見てください。多くの企業を見ていくことでさらに志望度が高い企業が見つかるかもしれません。

本記事を読むことで、多くの就活生が勇気を貰えたら幸いです。