就活がすぐ決まる人は何が違う?すぐ内定がもらえる人の8つの特徴

タイトル画像

「就活で早く内定をもらいたいけど、どんなことに気をつけたら良いか分からない!」

「私だけ決まらないのはどうしてだろう・・・」と感じていませんか?

就活でなかなか決まらないと不安になりますよね。

そこで本記事では就活ですぐ決まるために知っておくべきポイントや注意点を紹介します!

  • 就活ですぐ決まる人の特徴
  • 就活ですぐ内定が決まらない人の原因
  • 就活ですぐ内定をもらうためにすべきこと

これらについて説明していくので、就活ですぐ内定が決まららず困っている人はぜひ最後までご覧下さい!

1:【必見】就活ですぐ決まる人の8つの特徴

章イメージ画像

就活を早く終わらせたいのに、自分だけ決まらないのはどうしてだろう??

内定をすぐもらえる人と自分とのギャップは知っておきたいですよね。

就活ですぐ決まる人の特徴を知っておくことで、現状の自分に何が足りないのかを知ることができます!

就活ですぐ決まる人の特徴を以下にまとめます。

  • 自己分析ができている
  • 企業が求める人材を理解している
  • 素早く行動できる
  • 計画性を持っている
  • 柔軟性がある
  • 臨機応変な対応ができる
  • 第一印象の良さがある
  • 自分を売り込むことができる

これらの8つについて説明していきます!

1-1:自己分析ができている

まず1つ目の特徴は自己分析ができていることです。

大前提として自己分析は就活の方向性を決める軸となるからです。

きちんと自分の性格や適性を分析すれば、自分が挑戦できそうだと思える企業や職業を選ぶことができ内定をもらえる確率が高くなります。

逆に自己分析ができていないと、相手にも自分自身を理解してもらえません!

自分の価値観を知ることで取るべき行動が明確に見えてきますよ。

1-2:企業が求める人材を理解している

2つ目の特徴は企業が求める人材を理解していることです。

理由として同じ業界や職種でも仕事内容によって求められる能力が違うからです。

企業の求める人材になる為にはどんな能力が必要なのか知っておくべきですし、自分と企業の理念や方針、行動方針とマッチしているかどうかも探してみることが大切です!

企業側の求める人材を理解していないと、「うちの企業じゃなくても良いよね?」と思われてしまいます。

自己分析と同様に企業のことも分析し理解することが重要になってきますね。

1-3:素早く行動できる

3つ目の特徴として素早く行動できるかどうかです。

理由として行動が早い人は、余裕を持って就活に取り組むことができるからです。

就活をする中で第一志望の企業にアピールできる機会はそう多くはありません。

数少ない機会を自分のものにするためにも行動の早さが重要になってきます。

就活の始め方などわからないという理由で引き延ばすのではなく、まずは自分で調べてみたり、先輩に聞いてみるなど行動してみることが大切です。

行動が早い人は積極性が高い人と同じであるので、企業側はそんな就活生を高く評価しますよ。

1-4:計画性を持っている

4つ目の特徴として計画性を持っていることです。

理由として基本的に就活のスケジュールを確認して取り組むことで、いつから何を始めたら良いのかが明確に見えてくるからです。

ただ漠然と就活をゴールと思って取り組んではいませんか?

就活はゴールではなく、自己実現のための手段であるため、何が自分にとって必要であり、何を行動すれば良いのかを把握して計画的に取り組むことが大切です。

1-5:柔軟性がある

5つ目の特徴として柔軟性があることです。

理由として就活をするなかで直面する壁や悩みにぶつかっても、柔軟に対応することができれば自分で改善し別の解決を探すことができるからです。

特に柔軟な思考は企業で働いていく中でも必要なスキルになってきます。

1-6:臨機応変な対応ができる

6つ目の特徴は臨機応変な対応ができるかどうかです。

理由として5で述べたことと類似して就活で悪い方向に向かった時にも冷静でいることで現状を理解して対応を考えることができるからです。

また履歴書や面接においても臨機応変に対応できることをアピールするのは有効である場合があります。

相手よってはマイナスな印象を与えてしまう場合もあるため注意しましょう。

1-7:第一印象の良さがある

7つ目の特徴は第一印象の良さがあることです。

理由としては面接の中でも第一印象の見た目が重要視されているからです。

メラビアンの法則によると、見た目より話す内容を重視しますが、実は見た目である視覚情報が1番重要視されています。

これがよく第一印象が3秒で決まると言われている理由なのです!

  • 視覚情報 55%
  • 視覚情報 38%
  • 言語情報 7%

これらは3Vの法則とも言われており、

割合をみると明らかに視覚からの情報が多いことがわかりますよね! 

1-8:自分を売り込むことができる

8つ目の特徴は自分を売り込むことができることです。

理由として限られた面接の時間でどれだけ自分をアピールできるかによって印象が変わってくるからです。

いくら素晴らしい人材であったり、筆記試験でうまく伝えられても、面接でいかに上手く伝えられるか、下手かによって面接官への印象は変わってくるでしょう。

2:【要注意】就活ですぐ内定が決まらない人の8つの原因

章イメージ画像

続いては、就活ですぐ決まらない人の原因について説明していきます。

就活ですぐ決まらない人の特徴を知っておくことで、自分では気付きにくい弱点に気づくことができます。

就活ですぐ内定が決まらない人の原因を以下にまとめます。

  • 自己分析ができていない
  • エントリーシートの内容が薄い
  • 企業で働くビジョンが描けていない
  • 業界を絞りすぎている
  • 有名企業だけを選んでいる
  • 面接慣れしていない
  • 就活の活動量が少ない
  • 印象や話し方に問題がある

これらの8つについて説明していきます。

1-1:自己分析ができていない

まず1つ目の原因は自己分析ができていないことです。

理由として先ほどにも述べましたが、自己分析は就活をする上で軸ともなります。

また自己分析は就活においてあらゆる場面で必要になります。

自己分析をきちんとすることで、「どんな仕事をしたいのか」「なぜこの業界・会社を志望するのか」を明確にすることができ、インターンシップや社会人訪問、会社説明会などに目的意識を持って動くことができます。

1-2:エントリーシートの内容が薄い

2つ目の原因はエントリーシートの内容が薄いことです。

エントリーシートに通らない人の原因として、前文でも述べたように自己分析をきちんとできていないか、できているにも関わらず、自己流で書いてしまっていることが考えられます。

エントリーシートには客観性が必要ですので、先輩や先生など第三者に見てもらい誰が見ても伝わりやすいように書きましょう。

1-3:企業で働くビジョンが描けていない

3つ目の原因は企業で働くビジョンが描けていないことです。

理由として働くビジョンが描けていないのは、これもまた自己分析ができていないからです。

自分がどのような目的意識を持つべきなのかがわかれば、そのために企業に入ってからも何をすべきなのかが明確になるでしょう。

1-4:業界を絞りすぎている

4つ目の原因は業界を絞りすぎていることです。

理由として業界を絞り過ぎると受け入れる業界数が減ってしまい、内定が決まりにくくなってしまうからです。

自分が第一志望としている業界と似ている業界も視野に入れてみるなど、なるべく業界を絞り過ぎないようにしましょう

1-5:有名企業だけを選んでいる

5つ目の原因は有名企業だけを選んでいることです。

理由として難易度の高い有名企業にこだわりすぎてしまうと、なかなか内定が決まらないというデメリットがあります。

また有名企業や特定の企業に特定してしまうとエントリーできる企業の数も減ってしまうため、内定をもらえる確率も下がってしまいます。調べてみると、有名でなくとも良い企業は沢山あります。

名前を知っているということにこだわらず、幅広く知ることが大切です。

1-6:面接慣れしていない

6つ目の原因は面接慣れしていないことです。

面接に通らない人の中には相手が理解しやすい話し方を意識できていないことが原因になっていることがあります。

また緊張して萎縮してしまったり、落ち着きがないなどが考えられます。

「結論から話すなど」PREP法を意識して話すと相手に伝えやすくなりますよ。

1-7:就活の活動量が少ない

7つ目の原因は就活の活動量が少ないことです。

理由として考えられるのは、会社説明会などにあまり参加しなかったり、自分が行きたいと思える会社がないと感じてそのまま就活を中断してしまうからです。

説明会などはなんとなく興味があるかもという程度でもいいので、まずは参加してみることで、自分が興味を持った職種や違うと感じる業界が見つかるかもしれません。

1-8:印象や話し方に問題がある

8つ目の原因は印象や話し方に問題があることです。

理由として面接では印象や話し方によって評価されているからです。

例をあげると話し方や礼の仕方、声のトーン、服装、髪型などあらゆる面から見られています。

話し方や声のトーンに自信がない場合は録音して確認してみるといいでしょう。

また6にも述べたように相手に伝わりやすい話し方を日常生活から意識することも大切です。

3:【見なきゃ損!?】就活ですぐ内定をもらうためにすべきこと!

章イメージ画像

先ほどまで就活ですぐ内定が決まる人の特徴と決まらない人の原因について述べましたが、これらを知った上で周りと差をつけて就活に取り組みたいですよね。

就活ですぐ内定を貰うためにすべきことを知っておくことで、いち早く取り組むことができます!

就活ですぐ内定を貰うためにすべきことを以下にまとめます。

  • 自己分析をする
  • 業界研究をする
  • 志望職種を決める
  • 周りと差がつくESを作成する
  • 適性検査の対策をする
  • 面接準備と面接慣れをする
  • 全て第一志望の意気込みで受ける

これらの7つについて説明していきます。

1-1:自己分析をする

1つ目は自己分析をすることです。

就活をする上で自己分析をして自分を知る必要があるからです。

自分自身がわかっていないと、ESや志望動機、自己PRが内容の薄いものとなってしまい、選考で良い評価を受けられません

自分がどんな仕事に向いていて、どんな仕事に就職すれば良いかわかっていないと業界も決まりませんし、ESや面接も通りにくいです。そのため、就活をする上で自己分析は最も重要になってきます。

1-2:業界研究をする

2つ目に業界を研究することです。

理由として就活でなかなか決まらない人の原因にもありましたが、業界を有名企業だけや特定した業界だけに絞りすぎてしまうと、後々になって内定がもらいにくくなってしまい、後悔してしまいます。

そうならないためにも、自己分析を徹底的にした上で業界を研究することが大切です。

また少しでも興味がある業界や自分には違うなと思う業界を知るためにも、企業説明会などに積極的に参加することもおすすめです。

1-3:志望職種を決める

3つ目に志望職種を決めることです。

まずは自己分析をして自分を知る必要があります。

その中で自分がどの志望職種について何を成し遂げたいのか伝えなければなりません。

またあなたと企業のやりたいことがマッチしていない場合は不採用になってしまう可能性もあるので、自分のやりたいことを確実に言えるようにしましょう。

1-4:周りと差がつくESを作成する

4つ目は周りと差がつくESを作成することです。

理由として毎年、数千万単位で寄せられているESの中で、いかに採用担当者に印象残るようなESを書くかがポイントになってくるからです。

企業側に伝わりにくい内容であると選考の時点で落選してしまいます。

そうならないためにも、基本的な書き方を理解し、企業に伝わりやすい内容を明確にしなければなりません。

ESや志望動機の書き方講座など説明会と同様に開催しているのでぜひ参加することをおすすめします。

1-5:適性検査の対策をする

5つ目は適性検査の対策をすることです。

理由として就活では面接だけでなく、適性検査をおこない、その結果に基づいて合否を選別することがあるからです。

適性検査にはそれぞれの種類があるため、内容を把握しておくことが大切です。

大手企業をはじめとして適性検査を取り入れているところが多いです。

適性検査について正しく理解し対策する必要がありますね!

実際に受けるとなった時に万全の体制で挑めるようにしておきましょう。

1-6:面接準備と面接慣れをする

6つ目は面接準備と面接慣れをすることです。

面接の準備と面接慣れをしておくことは大切です。

就活の中でも面接の日程が直前に決まることも多いため、準備する時間や対策しにくいからです。

面接の準備として、事前に質問されそうな内容を考えておくこと、質問に簡潔に受け答えできるか、面接で失敗しないために、就活を終えた先輩などに模擬面接をしてもらって面接慣れをしておくことで、本番に余裕を持って挑むことができます。

1-7:全て第一志望の意気込みで受ける

最後に全て第一志望の意気込みで受けることです。

理由として面接官は就活生の態度からどれくらいの熱意や志望度があるのかみているからです。

「この企業は少しくらい手を抜いても大丈夫だろう」という考えで選考を受けてしまうと、

志望度が低い就活生とみなされて落とされるケースも少なくありません。

一社ごとにそれぞれ準備や対策をきちんとしておくことが大切です。

まとめ

本記事では就活ですぐ決まる人の特徴と決まらない人の原因、内定をもらうためにすべきことを解説しました。

これで就活ですぐ内定をもらうためのポイントを押さえられたかと思います。

就活の中で基本的に自己分析が1番重要であり、就活をする中で大切な軸になるため自分自身としっかり向き合いましょう。

そうすれば、本当に自分が就活や入社した後もどうありたいのか見えてくるはずです。

HYGGERでは、専任のキャリアアドバイザーが皆さんの就活や起業のサポートを実施しています。公式LINEを追加するだけで、就活に役立つサービスを利用できます。ぜひ活用してくださいね!

友だち追加