【就活が面倒な方必見】就活を楽に進める方法やしんどくなる理由を徹底解説

章イメージ画像

「就活って本当に面倒…内定も貰えないし早く辞めたい」

こんなことが就活生の中でよく言われていると思います。

また就活生の間では、下記のような疑問を抱いている方が多いと思います。

  • 就活生の中で就活が面倒だと感じているのは実は自分だけ?
  • どうして就活が面倒だと感じるのだろう…
  • 就活を楽に進める方法を知りたい

そこで本記事では、就活が面倒だと感じる人が多いことや面倒と感じる理由について解説します。

加えて、就活を楽に進める5つの方法も紹介するので、是非参考にしてください。

1:就活が面倒だと感じる人は多い

章イメージ画像

就活生の中には就活が面倒だと感じる人は多く居ます。就活が面倒だと感じる理由は以下の通り。

  • ブラック企業が増えていては就職しても辛いのがわかる
  • 学生時代は自由だったけど就職すると拘束されるのが嫌
  • 別にやりたいこともないのに就活する意味がわからない

就活が面倒だと感じるなら、無理に働く必要はありません。もし、面倒だと感じているけど就活はしないといけないという危機感がある人は気持ちのコントロールしましょう。

面倒だと思いながら就活するのはおすすめしません。面接官も表情や態度で面倒なんだなとわかってしまうからです。

1-1:就活が面倒だと感じる際のおすすめ職業

就活が面倒だと感じるなら、フリーランスやアルバイトをおすすめします。

フリーランスやアルバイトは、働く場所や時間に縛られないため自由に生きられます。

職種によっては、社会人よりも給料が高いケースも。

やりたいことがなくて就活に意味を見出せない方にもフリーランスやアルバイトがおすすめです。

やりたいことが見つかるまでは、自由にアルバイトしてもいいと思います。その代わり、やりたいことが見つかったら他の人よりも一生懸命目標に向かって頑張りましょう。

1-2:面倒でストレスを感じるなら無理にやる気を出す必要はない

就活が面倒でストレスを感じるなら無理にやる気を出す必要はありません。

なぜなら、ストレスを溜めたまま就活を続けても内定獲得はできないから。

無理に張り切って結果がついてこないときは、1度就活から離れてみましょう。就活から離れることで、モチベーションアップに繋がります。

また、企業からの不採用は落ち込む必要がありません。不採用は企業との縁が無かったと思うだけで大丈夫です。無理にストレスを溜めないでおきましょう。

2:就活が面倒だと感じる7つの理由

章イメージ画像

就活が面倒だと感じる理由は以下の通り。

  • 自己分析と企業調査
  • 企業説明会の参加
  • エントリーシートや履歴書の作成
  • 応募企業とのやりとり
  • 身だしなみやマナー
  • 就活自体がつまらなすぎる
  • 面接が苦手で辛い

1つずつ紹介します。

2-1:自己分析や企業調査

自己分析や企業調査は就活が面倒だと感じる理由の1つです。

自己分析や企業調査に終わりはないため、どこまでやっても果てしなく感じます。終わりがない作業はしんどいと思いがちです。しかし、しんどいからといって自己分析や企業調査を疎かにすると、面接官にだらしない就活生と見透かされてしまいます。

ですので、企業調査は就職サイトに頼る、自己分析はネット上にあるツールを使ってみると効率的に作業が出来るでしょう。自己分析ツールでは、強みや特徴を分析してくれることも。

自己分析や企業調査はめんどくさいと思いがちですが、やり方ひとつで楽に変わります。

2-2:企業説明会の参加

就活の際におこなわれる企業説明会も面倒と思われがちです。企業によっては参加必須の企業もあります。また、企業調査を効率的に進めるには企業説明会の参加は必須になります。

就活生が企業説明会を面倒と感じる理由は以下の通り。

  • 天候が悪い
  • 場所までが遠い
  • 時間が長く拘束される
  • 交通費や宿泊費がかかる

知っておいてほしいのは、説明会に参加していないからといって内定不利になることは無いということです。ですので、志望度が高い企業や近い企業に絞るなどして面接会に参加しましょう。

2-3:エントリーシートや履歴書の作成

就活で提出するエントリーシートや履歴書の作成も面倒と感じる理由として挙げられます。

エントリーシートや履歴書は手書きが主流になっています。記入ミスした場合は書き直すことができないので非常に時間がかかることも。

エントリーシートや履歴書は、経歴や学歴を企業に伝えるために必要になります。

選考に参加するためには必須になり「書かない」という選択肢はありません。企業によってはエントリーシートと履歴書の両方提出を求めてくる場合もあります。時間を少し減らすためにも、エントリーシートや履歴書のテンプレートを作っておくと良いでしょう。

2-4:応募企業とのやりとり

応募企業とのやりとりも就活がめんどくさいと感じる1つの要因です。

就活中は企業とのメールや電話のやりとりが頻繁におこなわれるため、時間を要します。

また、正しい日本やマナーをしっかり守らなければ、マイナス評価に繋がることも。

企業とのやりとりには、常に緊張感があります。緊張感を少しでも軽減させるために、周りにいる目上の人達とコミュニケーションを取るようにしましょう。

2-5:身だしなみやマナー

身だしなみやマナーは就活で最も重要視されます。特にスーツがチェックされることが多く、しわや汚れなどが無いか注意を払わなければいけません。慣れないスーツを1日中着用する疲れに加えて、管理方法にも注意が必要な点が就活生が面倒と感じる理由です。

マナーは言葉遣いや担当者との接し方などを指します。普段から敬語を使うことに慣れていない人は、マナーを守ることに疲れてしまうでしょう。

応募企業とのやりとりでも説明しましたが、周りにいる目上の人とコミュニケーションを取ることで解決します。実践してみましょう。

2-6:就活自体がつまらなすぎる

就活自体がつまらなすぎるのも就活が面倒と感じる理由の1つです。

就活生の中には、就職後の目標や夢がないまま就活に取り組んでいる人が多くいます。また、周りが就活しているから流されて自分もしておこうという方も。

なんとなく就活しているだけでは、つまらないと感じても不思議ではありません。もし、就活が面倒でつまらないと感じるのであれば、やめるのも1つの選択肢です。

就活しないといけないけど面倒だと感じるなら、社会人になった自分を想像してみましょう。または「タワマンに住みたい」「裕福に暮らしたい」などの夢でも大丈夫です。

想像することで、就活する意味が明確になり就活がつまらないと感じることも少なくなるでしょう。

2-7:面接が苦手で辛い

就活で行われる面接が苦手で辛いと感じる人も多くいます。面接がストレスに感じ、次第には就活が面倒と感じるようになることも。

受けても受けても面接に落ちてしまう就活生はいます。その場合、面接がストレスと感じてしまうことが多々あります。

ストレスを感じていると分かっているなら、自分の得意なことにあった企業選びをしましょう。

得意なことだったら面接も楽しくなり、ストレスを感じにくくなります。視点を変えて面接に挑み、面接が面倒と感じることを減らしましょう。

3:就活を楽に進める5つの方法

章イメージ画像

ここまで、就活がしんどすぎる理由を紹介しました。

次に、就活を楽に進める下記の5つの方法を解説します。

  • 企業への連絡事項はまとめて行う
  • 就職エージェントを利用する
  • エントリーシートや履歴書のテンプレを作っておく
  • 動画説明会や大学が主催する合同説明会に参加する
  • 簿記などのスキルを身に着ける

楽な方法を把握しておくことで就活がスムーズに進められます。

3-1:企業への連絡事項はまとめて行う

企業への連絡事項をまとめて行うことは就活を楽に進める1つの手段です。

就活は複数の企業に同時応募することがあるので、小分けに連絡すると面倒と思いがちです。

エントリーシートや履歴書の作成や企業への連絡はまとまった時間に一気におこなったほうが楽です。

どうしてもスキマ時間にやろうとすると、多すぎてついつい忘れてしまうことがあるからです。

集中力が持たないという方は、25分+5分休憩するポモドーロ・テクニックを駆使して一気に終わらせることをおすすめします。

3-2:就職エージェントを利用する

就職エージェントは、就活のプロが徹底サポートしてくれます。

就活エージェントのサポートは以下の通り。

  • エントリーシートや履歴書の添削や作成補助
  • 面接練習
  • 就活アドバイス
  • 企業紹介

就職エージェントは、就活のプロがサポートしてくれるため、疑問や不安がなくなり就活をスムーズに進められます。また、エントリーシートや履歴書の添削や作成補助などもおこなってくれます。

面倒と思いがちの就活が安心してスムーズに進められるので、就活エージェントはおすすめです。

3-3:エントリーシートや履歴書のテンプレを作っておく

エントリーシートや履歴書のテンプレを作っておくことで就活が楽に進められます。

エントリーシートや履歴書は企業によって考えないといけないので、非常に時間がかかります。テンプレを作っておくことは時間の短縮にも繋がります。

企業によって言葉を少し変える程度でエントリーシートや履歴書を量産できるなら、面倒と感じることも少なくなるでしょう。受ける企業によってはエントリーシートや履歴書がデータ送付の場合もあります。

その場合は、元データを少し変えてあげるだけで量産出来ます。エントリーシートや履歴書を作成するのを楽に済ませたいと感じる場合は、データ送付の企業を選ぶのも1つの手です。

3-4:動画説明会や大学が主催する合同説明会に参加する

動画説明会や合同説明会に参加することで就活が楽に進められます。

動画説明会はネット上で行われるため、時間短縮に繋がります。また、合同説明会は複数の企業が参加しているため、1度に複数の企業から説明を受けられます。

就職エージェントのリクナビやマイナビでは、数千人単位の合同説明会が開催されています。

また、コロナ過で動画説明会も増えているので時間短縮したい方は積極的に活用しましょう。

3-5:資格やスキルを身に着ける

就活を楽に進めたいのであれば、資格やスキルなどを身に着けましょう。

資格やスキルを身につけると、内定を貰いやすくなります。

なぜなら、資格やスキルが必要な業界であれば、選考でかなりの人数が振り落とされ、必要となる資格やスキルを持っている就活生が内定をもらいやすくなるからです。

不動産会社に就職するなら宅建士、IT業界に就職したいならPCスキルなどを持っておくと内定を獲得できます。資格やスキルを身に着けることは多くの時間を要します。

ですので、資格やスキルを身に着けるときは就きたい仕事を明確にしてからにしましょう。

まとめ

今回の記事では、就活が面倒と感じる理由から、就活を楽に進める方法まで詳しくご紹介しました。

就活はゴールが無く果てしないため、途中で面倒と思い、妥協や挫折しがちです。

やる気が出ないならやる気が出るまで待つ、面倒なら面倒と感じなくなるまで就活をしないなど対策はあります。その選択が周りにどれだけ批判されようが自分の人生です。気にせず、まっすぐ進みましょう!